パーマリンクを日付時間のみでのURLの削除

旧サイトがうまくいったから(今のとこ)調子にのって、目障りなpageとかアーカイブとかカテゴリとか削除しようと、ウェブマスターツールのURLの削除を新しいサイトでもやった。
それでURLの削除では、アーカイブのアドレスが/2012/11/、/2012/12/とかになってたんでそれを指定した。
あと、pageとかカテゴリとか指定した。
robots.txtにも指定した。
どうせまだ来ないと思って緊張感なかったです。
ちなみに自分のパーマリンクは日付時間のみの/yyyy/mm/ddhhmmss/です。

でも急になぜか嫌な予感がして、とりあえず今回は練習でpageだけにしとこうとカテゴリとアーカイブを外した。
それだけキャンセルして、robots.txtを書きなおしてアップロードして、すぐにURLの削除をリロードしたらすでに実行されてて一覧から全て消えてた。
急に嫌な予感が何かわかったです。
もしかして、/2012/11/とか/2012/12/ということは、アーカイブだけじゃなくて、全記事消えてるのか?って。
検索しても出てくるけど、マークだけつけてて明日ごっそり消えてるのかもと焦りまくったです。

たしか90日間ぐらい再登録できるってどこかで見たんで、探したけどウェブマスターツールのヘルプには[最適化]→[URLの削除]→[削除されたコンテンツ]タブを選択し再登録すると書いてある。
でも[削除されたコンテンツ]のタブなんて画面に無い。
あっちこっち見てたら、右に[表示]ってあってその横のボタンです。
これを押すと削除済みが出てきて再登録できます。

でもキャンセルがちゃんと反映されてて、消えたのはpageの2つだけでした。
カテゴリもキャンセルされてました。
URLの削除の画面では、削除が実行されたりキャンセルが実行されると、実行された行は消えるんですね。
とりあえず残してて、状態が一覧で見えればびっくりしなかったのに。
まだ依頼漏れのpageが残ってたんでこりずにまた削除をリクエストした。

アーカイブを削除する場合、/2012/12/だとその下のddhhmmssになってる個別記事がインデックスから削除されちゃうんですよね。
/2012/12とスラッシュを付けなければいいのかなぁ。
なんかスラッシュだけだと曖昧そうで怖い。
それともrobots.txtでDisallow:とAllow:の組み合わせでやるのか?
もうアーカイブは怖いからよくわかるまでそのままにしておく。
なんだかパーマリンクを日付時間のみにしてしまったことが、まだ何か出てきそうで嫌な予感がする。

あとURLの削除でXML-Sitemapプラグインを使ってたので、「基本的な設定」で
「 サイトマップの URL を仮想 robots.txt ファイルに追加」のチェックを外してやりました。

ウェブマスターツールの健全性→ブロックされたURLでちゃんとテストして、ステータスが200(成功)を確認して、robots.txtも変更したのが反映されてるか見てからやった方がいいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>